治療方針と約束治療方針と約束

顎関節症に悩み苦しんで、諦めかけている
すべての患者さんへ。院長 名取健寿の約束。

名取歯科医院は顎関節症治療において診療ガイドラインを定めています。これは院長自身が顎関節症の患者として30年苦しみ、歯科医として多くの臨床家、専門医の門を叩いても症状が改善せずに悩み、苦しんできたからです。

顎関節の痛みや歯の鋭い痛み(知覚過敏症含む)は診断が非常に難しいと私は思います。歯の痛みや歯の知覚過敏症は結果として”歯”に症状が現れますが、原因は全く違うところにある場合もあります。実際に名取歯科医院に鋭い歯の痛みを主訴として来院された患者さんの場合、診断の結果三叉神経に問題があったために提携している神経内科の医師に紹介したところペインクリニックでの治療で大まかな痛みは治まったという事もありました。

このように、患者さんが歯科医師に痛みを強く訴えた場合に間違った診断をしてしまうと歯の神経を抜かれたりまたは最悪抜歯されてしまったという事にもなりかねません。顎関節治療にも通常の治療、治療全てに於いて診査、診断がとても大切になります。

今までの常識がこれからの非常識にもなる時代ですので、様々な方面から治療を考えなくてはならない事を患者さんにも覚えておいて頂きたいと思います。

また顎関節治療のスタンダード治療の一つにマウスピース治療が挙げられますが、これは非常に治療効果に乏しいために名取歯科医院では行いません。マウスピース治療は可逆的な治療と言われていますが、それは違い非可逆的な治療の一つです。私たち名取歯科医院ではマウスピース治療は推奨しておりません。

名取歯科医院の顎関節診療ガイドライン

顎関節治療の疑問に対して、常に科学的根拠を示し、
患者さんの立場で分かりやすい言葉でお答えします。

1. 思い込みや先入観で顎関節症治療をしません。

顎関節症とひとくちに言っても症状は1つではありません。その名のとおり「関節の症状」が不安定になったり悪化する関節の病気です。歯・骨・軟骨・筋肉・外傷・ストレス・習癖など様々な要素が重なり合い、顎関節の症状につながります。顎関節症治療では、その判断のもとになる診査診断を経ずに顎関節の症状をひとくくりにして治療がおこなわれがちですが、名取歯科医院では科学的な診査診断に基づいてのみ、治療をおこないます。

2. 科学的根拠に基づいた診査診断をおこないます。

顎関節治療に限らず、科学的根拠に基づいた医療 ( Evidence based Medicine ) を医師の説明のもと、承諾のうえで治療を受ける権利を患者さんはお持ちです。名取歯科医院は顎関節症治療にデンタルドック(歯科ドック)を患者さんの義務としてお受け頂きます。
MRI・CT・レントゲンを中心とした18項目の精密検査から得られたデジタルデータ分析に基づいて診査診断をおこないます。

3. デジタルを活用した新しい顎関節治療をおこないます。

これまで顎関節の臨床や研究で培われた体系や、提言を否定するものではありません。ただし定説だけにとらわれずデンタルドックで得られた情報と、科学的根拠に基づきデジタル化以前は極めて困難だった咬合調整(歯を適切に削る噛み合わせ調整)、筋肉のコントロール(ボトックスによる咬む力の調整)をふくむ、新しい顎関節治療 ( DTR Therapy ) で症状の改善に繋がると診断した場合に、名取歯科医院の標準治療として提供しています。

4. 顎関節治療に関わる情報のすべてを患者さんに開示します。

名取歯科医院では患者さんの症状の変化を、デジタルデータとして記録しています。そのため顎関節の経過と変化を「見える化」した状態でお示しすることが可能です。顎関節治療の過去・現在・未来に関わる情報のすべてを、いつでも患者さんにお伝えします。転居などで名取歯科医院での顎関節治療が困難になった場合も、所見や申し送りの書類だけでなく記録したすべてのデータをお渡しするのでご安心ください。

5. 顎関節を中心とした歯科治療をおこないます。

名取歯科医院では顎関節を中心とした歯科治療を実践しています。1本の歯であってもデンタルドック(歯科ドック)を全ての患者さんにお受け頂いているのは顎関節の状態が噛み合わせに直結しているからです。
歯を残す治療、歯を長持ちさせる治療は顎関節の診査診断なしには実現できません。1本の歯ではなく、1口腔内として顎関節をふくめた口腔機能を維持、改善する治療を実践しています。

名取歯科医院はこの顎関節治療ガイドラインを患者さんに約束し、遵守して顎関節症の治療にあたることをお約束します。
これは院長自身の顎関節症完治に至る30年のなかで、多くの喪失感や絶望を経験してきた一方で、歯科医の経験や勘、定説化された理論に縛られるのではなく、科学的根拠に基づいた検証可能な新しい治療が存在することを、患者と歯科医という両方の立場から体験したからに他なりません。

現在はマーク・パイパーによって確立された咬合の科学的分類を礎とし、デジタルの応用によって発展させたニック・ヤニオスの咬合理論に基づいた顎関節症治療、噛み合わせ治療を名取歯科医院ではおこなっています。

歯のお悩みはスマホ・PCからお気軽に、
24時間いつでもWEB相談。

無料オンライン相談

強引な治療の勧誘は一切ございません。
他院に通院の方もお気軽にご相談ください。

無料カウンセリング予約