衛生管理ならびに新型コロナウィルス(SARS-CoV-2)感染予防対策について衛生管理ならびに新型コロナウィルス(SARS-CoV-2)感染予防対策について

衛生管理ならびに新型コロナウィルス(SARS-CoV-2)感染予防対策について

名取歯科医院はすべての歯科治療を完全予約制・完全個室で行います。患者さんは予約時間内において、原則として他の患者さんに接触しない診療スタイルを提供しています。これは「歯科医療における感染管理のためのガイドライン*」に則った標準的感染予防策の実践によるもので、アメリカ疾病管理予防センター(Centers for Disease Control and Prevention,CDC)が提唱する歯科治療のための標準的感染予防策です。

現在は加えて新型コロナウイルス(SARS-CoV-2)の感染拡大をふまえた感染予防対策プロトコルを強化しています。

*2003年12月19日発行 米国公衆衛生週報(MMWR)

【標準的感染予防策として従来より実施している感染予防対策】

1.基本となる診療体制

  • (1) 完全予約制・完全個室診療です。また同時並列診療を原則として行わず、患者さんが待合室においても接触することの無い予約体制により、感染症予防を行っています。
  • (2) ラバーダム防湿法を可能な限り行っています。これは、汚染された唾液や血液が飛沫するのを防ぎ「歯科医療における感染管理のためのガイドライン」ではもっとも有効な感染予防策であると推奨されています。
  • (3) チェア(歯科ユニット)で使用する水は装置で除菌しています。患者さんの健康に配慮し殺菌剤(薬剤)でなく細菌のとどまりにくいナノバブル除菌水を使用しています。
  • (4) 各個室診療室内は浮遊細菌、不純物を除去する抗ウィルス空気清浄機を使用しています。

2.基本となる衛生管理

  • (1) 治療器具はすべて患者さんごとに交換し消毒・滅菌をしています。滅菌はヨーロッパ規格EN13060のクラスB (最高規格の”B”、次に”S”、そして”N” に分類されます)の条件を満たしたMELAG社の滅菌器 Vacuklav 31 B+ を導入しています。
  • (2) 術者のマスク・医療用ゴム手袋は使い捨てを使用し患者さんごとに廃棄、またゴーグルを使用し患者さんごとに減菌ずみのものと交換しています。
  • (3) 患者さんが治療中にご使用になるエプロン・紙コップは使い捨てを使用し、滅菌された清潔な製品を常に提供しています。
  • (4) 診療室のチェアなど患者さんが触れる可能性のある箇所は個室治療室内をふくめ、CTルームの消毒液による清拭を実施しています。
  • (5) 術者やアシスタントが触れる箇所は感染防御のため、診療テーブルはすべてバリアフィルムにて保護し、フィルムの破棄・交換を都度行っています。
  • 【新型コロナウイルス対策として追加で行っている感染予防対策】

    1.施設・設備

    • (1) 院内床材をカーペットから、清掃性が高く衛生的な石タイルに変更しました。
    • (2) 受付(待合室)への手指消毒液の設置を行っています。
    • 2.衛生管理・健康管理

      • (1) 患者さんが触れるドアの取っ手、待合室のソファ、化粧室など共用部分を抗ウィルス作用除菌スプレーで定期消毒を行っています。
      • (2) 受付やご説明を含み、スタッフ全員がマスク常時着用を行っています。
      • (3) スタッフ全員の検温の徹底、ならびに発熱時における欠勤を徹底しています。
      • 【患者さんへのお願い】

        当院受診の際にはマスクを着用するほか、手洗いや咳エチケット(咳やくしゃみをする際に、マスクやティッシュ、ハンカチ、袖を使って、口や鼻をおさえるなど)の徹底をお願いします。また以下のいずれかに該当する方は、帰国者・接触者相談センター*に御相談ください。

歯のお悩みはスマホ・PCからお気軽に、
24時間いつでもWEB相談。

無料オンライン相談

強引な治療の勧誘は一切ございません。
他院に通院の方もお気軽にご相談ください。

無料カウンセリング予約