栃木県宇都宮の額関節症.infoでは顎関節症や噛み合わせの治療を行っています。
顎関節症.info
顎関節症TOP
セミナーについて
医院紹介
アクセスマップ
サイトマップ
顎関節症かもしれません。
顎のあたりから”カクカク”音がする
常に頭痛がする・・・
肩こりがとれない
口が大きく開かない・・・
ものを噛むとき耳のあたりに痛みを感じる
顎関節症 顎からくる異変
従来の顎関節症の治療法
インプラント・審美の名取歯科医院
Dr名取の歯科コラム
顎関節症のことなら私達にお任せください。

顎関節症は頭痛・肩こり・耳が痛い・口が開かない等様々な症状があります。

虫歯などは見た目にも分かりやすいので異常に気付くことができますが、この顎関節症は顎の関節周辺になんらかの異常が起こるため、症状をみることができません。

「もしかしたら・・・」と思ったらまず私達にご相談ください。

今までの経験とアメリカの最先端技術で皆様のお悩みを解消します。

しっかり治療をすれば治る病気です、あきらめずにますごお問い合わせください。
患者様の声
頭痛・肩こり・耳が痛い・口が開かないなどの顎関節症の症状でお困りの事がありましたら名取歯科医院までご相談ください。
ご不明な点やご相談などありましたら、
お気軽にお問い合わせください。
9:00~12:30/14:00~18:30(日・祝除く)
ご連絡先

顎関節症とは、下顎の関節頭が頭蓋骨の関節円盤に均等に当たらず全体に負担がかかって発症する病気です。顎関節症の症状には、一時的なものや慢性的なもの、軽症のものから重症のものまでさまざまです。 顎関節症の原因は、主に噛み合わせのずれによるものや外傷(スポーツや交通事故など)と考えられています。

代表的な症状としては、頭痛・肩こり・耳が痛い・肩こり・口が開かないなどが挙げられます。顎関節症はあきらめずにしっかりとした治療を施せば治療することが可能な病気です。

近年、この病気にかかる方が増え現代病の一つともいわれています。一度なってしまうとクセになり完治しにくいため、噛み合わせの違和感や異変がある場合は一度歯科医院で診てもらいましょう。

当サイトを運営する栃木県宇都宮の名取歯科医院の理事長自身も以前、噛み合わせによる同様の症状に悩んでおりましたが、アメリカの先進的な治療法を取り入れたことにより完治し、またその技術を取り入れることで多くの患者様の治療に用いて成功させてまいりました。

当サイトは、理事長と同様のお悩みを取り除くために開設されました。ぜひご覧いただき、「噛み合わせが不安…」など気になることがございましたら、お気軽にご連絡ください。日本での従来の治療方法ではなく、アメリカの先進的な技術を駆使し、お悩みを取り除きます。不安に思ったらまずはお気軽にご相談ください。

あごがカクカクする、口をあけると痛い、あごが外れるといったものは、この病気にかかってしまっているサイン。最近では矯正治療した後の後戻りやセラミックが壊れてくるのもサインの一つとも言われております。根拠のない「大丈夫」はもうやめて、まずはご相談ください。

顎関節症と美容の関係
顎関節症の症状例
顎関節症の症状例

顎関節症にはさまざまな症状があり、一見して顎関節症が原因で起こっていることとは思えないものもあります。顎の関節は体の様々な場所と関係がありますので以下の症状が起こっている方は、もしかしたら噛み合わせが原因でこの病気が発祥してしまっている恐れがあります。

顎関節症の症状の分類
顎関節症の4つのタイプ
顎関節症 軽度な場合

顎関節症の軽度日常生活において支障は無く、食事やお話なども問題はないのですが顎周辺から“カクカク”音がしたり、朝起きた時に顎が重苦しかったりする場合にはまず割り箸を左右の奥歯に入れて5~10分位噛んでみましょう。その後顎が以前よりも楽になった場合には、関節円盤の位置がそれほどずれていないのでかみ合わせの調整で治療は治ると思います。この軽度の時の原因はかみ合わせがずれている事によって筋肉が硬くなってしまっている事だと考えられます。

顎関節症 中等度な場合

顎関節症 中等度この場合には以前“カクカク”と顎から音がなっていたのが一時的に音が無くなります。 この音の消失は治ったのではなくて症状が進んでいる事を意味します。 顎関節円盤の一部が顎関節から脱落して、戻らなくなってしまったので“カクカク”という音が鳴らなくなったのだと考えられます。この場合残りの一部は顎関節に乗っているのでかみ合わせの調整を行って、食いしばりの強い方の場合にはマウスピースを用いて筋肉のリラックスを図る場合もあります。

顎関節症 重度な場合

顎関節症 重度この場合には再度顎関節からの音が出てまいりますが、以前のような“カクカク”ではなく“ジャリジャリ”という音になって症状も顎自体の痛みが出てくる場合もあります。 もし、割り箸を5~10分位噛んだ後に痛みが現われた場合には重度になっているかも知れません。 この時の顎関節円盤は顎関節から大幅にずれてしまっているので、治療も軽度、中等度の場合に比べて期間が長くなる事が多いです。
この場合にはまずマウスピースを使って顎関節の位置を安定するところまでもっていき、その後にかみ合わせの調整をする場合があります。その後、安定する位置に保つように毎日マウスピースを使って頂く事が大切になってきます。

このようにステージごとに顎関節症の治療法や治療期間が異なってきますので、よく歯科医師と相談して下さい。私はアメリカで顎関節症の治療を学んできたので、日本で学ばれた歯科医師とは考え方が異なります。この違いが場合によって、様々な知識を持たれている患者様を困惑させてしまう場合もございます。しかし私自身が顎関節症で、この方法により治りましたのでこの方法に誇りをもって患者様の治療にあたらせて頂いております。患者様ご自身でこのような場合にはどうなのか?と思ったらご相談下さい。出来る限りお答えはさせて頂きます。

 

顎関節症は他の歯科疾患と違い症状を見る事が出来ません。例えば虫歯でしたら歯が欠けて黒くなって痛みが現われます。また歯周病でしたら歯肉から出血が出てくるなどして患者様ご自身で鏡などをお使いになれば見てわかります。 しかしながら顎関節の場合には皮膚の中に顎関節があるのでどこがどうなっているのかがわからないのです。

患者様がどのようにご自身で診断したらいいのか簡単に症状ごとにご説明致しましょう。
新しい顎関節症の考え方
Copyright c 「噛み合わせ」の事なら顎関節症.info .All Rights Reserved.