顎関節症や噛み合わせの事なら顎関節症.infoへ

顎関節症の症状や噛み合わせにお悩みの方、不安を感じている方、栃木県宇都宮の名取歯科医院にご相談ください。


顎関節症の治療法



  • TOP >>
  • 顎関節症の治療法

顎関節症の治療方法

顎関節症の治療方法

栃木県宇都宮の名取歯科医院の顎関節症の治療法をご紹介します。顎関節症の基本的な治療とは、異常な位置にある下顎を正常な位置に戻すことです。この治療法には、多くの患者様を完治させたという実績があります。


顎関節症についてのご説明(マウスピース治療の場合)

当院の顎関節治療はまず診査、診断に基づきレントゲン検査や触診及び問診を行いまして治療方針を決定致します。

痛みや違和感が顎関節自体(関節円盤)にある場合はマウスピースを用いて痛みが無い位置に関節円盤を調整していく方法です。夜間に使用していただきますが痛みがある場合には一日使用しても構いません。

この治療は患者様の状態によって個人差が大きいので、治療期間または治療費を明確にお伝えすることが困難であるという事をご了承下さい。
この治療は保険適応外となります。

治療費 \100,000
1ヶ月に1回
調整料
\6,000

※価格は税別です。


注意点

1 原則的に毎日つけていただかないと効果がありません。
2 顎関節に力が掛かるように作ってありますので、多少の歯に締めつけ感はあります。
3 マウスピースによって顎関節の位置が変わり、それに伴い咬み合わせも当然変化してきますので後に咬み合わせの治療を希望なさる場合には実費治料費が掛かります。
4 治療中にマウスピースを破損してしまった、またマウスピースを装着せずある程度の期間が経った後合わなくなってしまった場合には新たにマウスピースを作る必要がありますが、その場合は実費が掛かります。 

顎関節治療についてのご説明(咬合調整の場合)

当院の顎関節治療はまず診査、診断に基づきレントゲン検査や触診及び問診を
行いまして治療方針を決定致します。
咬み合わせに原因がある場合には“咬合調整”いわゆる歯を削り顎関節と咬み合わせを同調させる治療です。

治療費 \100,000
調整が3回を超える場合は
4回目から
\6,000

※価格は税別です。


治療の順序
1 歯形を採ります。
2 その歯形を咬合器という装置に付けます。
3 咬合器の上で一度削るシミュレーションを行います。
4 シミュレーション通りにお口の中で咬合調整を行います。
5 平均3回咬合調整を行います。

注意点

1 少なからず歯を削ります。
2 時には歯がしみる場合もあります。
3 初めから歯が摩耗している患者様は歯を削っても咬み合わせの安定が確立出来ない場合があります。
4 患者様の中には咬合調整を行っても効果が得られない場合がありますのでその場合にはマウスピース治療になる場合がございますがその場合には別途実費が掛かります。

※ この治療法はマウスピース無しで顎関節症を治療する方法ですので、マウスピースを毎日装着するという煩わしさが無い分歯を少なからず削ります。
※ 治療中に顎関節からカクカクという音がしたりする場合もありますが問題はありません。
※ 顎関節からの音は徐々に少なくなってきますが、すぐには消えません。

1.診断

顎関節症であるかどうか、噛み合わせに異常があるかどうかを触診やレントゲンなどによって検査します。検査の結果顎関節症であれば、治療の方針などを判断します。

2.位置の決定

治療の方針に従い、治療計画を立てます。
具体的な治療法としては、咬合器(顎運動や咬合のさまざまな位置を再現する装置)を使用し、顎の正しい位置を決定します。

3.治療
  1. 顎周囲の筋肉が原因であれば、適切な顎関節の位置に咬み合わせを誘導していくように咬合調整をしていきます。その後、歯軋りなどの癖がある方には、ナイトガード(スプリント)を夜間のみ装着していただきます。
  2. 顎関節、関節円盤自体が原因の場合には、まず関節円盤の位置を確定させるためにスプリントをできるだけ長く装着していただき、その位置が決まった時点で咬合調整を行います。この場合の治療期間は症状によって大きく異なります。数ヶ月で終わることもあれば、1年以上かかる方もいらっしゃいます。

ご不明な点やご相談などありましたら、お気軽にお問い合わせください。 TEL 03-5442-114 9:00~12:30/14:00~18:30(日・祝除く)

PAGE TOP



Copyright © 「噛み合わせ」の事なら顎関節症.info .All Rights Reserved.